情報が命!うつ病を効率よく治すためには医師やグループの力に頼る

女の人

子供のうつを治す

頭を抱える男性

余計に症状を悪化させない

うつ病は、大人だけに起こる症状だと思われがちです。確かに、社会に出て仕事をしている分、あらゆる事象によってストレスが蓄積されやすくなります。ストレス社会と言われているだけあって、色んな責任が蓄積されてしまいやすいのは確かです。しかし、うつは大人だけがかかる固有の症状ではありません。子供でも、症状にかかってしまう可能性を秘めています。一見、子供は社会的な責任とは無縁の世界で生きているイメージを抱いてしまいます。しかし、子供には子供の世界があり、学校の授業は勿論、クラスメートとの関係、テストの出来栄えでストレスを感じてしまうことがあります。また、進学の時期に差し掛かったときにも多大なストレスがかかってしまいます。心が成熟しきっていないから、叱咤激励すれば復活すると思われがちですが、うつ病に陥っていると余計に症状を悪化させかねません。

正しい接し方とは

子供がうつ病にかかってしまった際に有効な接し方としては、叱咤激励せずに気持ちを受け止めることから始めるのが重要です。大人の患者同様に、まず子供の気持ちを受け止めて理解を示せば、理解者がいると認識してくれます。例えば、学校の人間関係が嫌だといって登校したくないと言ってきたときは、無理やりにでも行かせるのは逆に気持ちを追い詰めてしまいます。誰も理解者がいないと認識しかねないので、無理にでも登校させるのは避けるのが得策です。子供の目線に立って、気持ちを理解した上で休ませるのが有効なのです。うつ病にかかった場合の治療法としては、休ませることが基本です。義務教育だからといって体調が悪いわけではないからといって登校を促すのは控えるのがおすすめです。

原因を明らかにする

子供が、なぜうつ病にかかってしまったのかの原因を突き止めるのも重要なことです。原因を探るための接し方を実行しても、口を閉ざしてしまう可能性もあるので、子供との接し方に長けた医師に頼るのが望ましいです。医師の力なら、うつの発症原因を明らかにしやすくなります。難しいと思われがちである子供のうつを改善させるためにも、医療機関に頼るのも一つの手です。